コラム

言葉の持つエネルギー

投稿日:

言葉には、エネルギーがあります。そのエネルギーは、波動として相手に伝わります。

そして、自分の中でも大きなエネルギーになっています。

すてきな言葉を相手にかけると、相手からもすてきな言葉が、かえってきます。
温かい言葉をかけると、もちろん温かい言葉と共に感謝の言葉もかえってくることもよくあります。

感謝されるとき、人は、嬉しくなります。誰かの役に立てたことが、嬉しいのです。

こんなこと、みんな知っているけれど、やっているかというと・・・どうですか。
やっている人は、すてきですね。笑顔もきっと、もれなくついていますね。

そう、優しい言葉も温かいことばも、それを相手に伝えるときに、人は顔の表情が、言葉通りに表れています。

それとは反対に、言葉とは裏腹な気持ちがあるときは、声や表情のほうが、正しいと思われてしまうことが、多くあります。

「ねぇ、大丈夫?」と相手に尋ねると
曇り顔で悲しそうな声で「うん、大丈夫・・・。」と言う人を見て、人は『この人大丈夫じゃないよね』と気付きます。

言葉・話しの内容より、音声と表情を信じます。

その実験をしたのが、アルバート・メラビアン博士です。
よく聞くメラビアンの法則です。

言葉(ここでは、「大丈夫」という言葉)と裏腹な音声と表情を見聞きしたときに、人は、表情と音声に気を取られます。

メラビアン博士の実験では、そんな状況の時に人が、判断するのは、
・話の内容などの言語情報 7%
・口調や声の大きさ、話の早さなどの聴覚情報 38%
・見た目・態度などの視覚情報 55%
ということです。

このメラビアンの法則と関係なく、思いと言葉が一致しているときは、その表情も声もそのまま相手にストレートに伝わります。

言葉こころ所作の連動性が、発揮されるとすてきな循環になりますね。

笑顔と笑声で「ありがとう!助かったわ!感謝!」と言われたら、あなたは、どんな気持ちになりますか。

「嬉しい♪お役に立ててこちらこそ嬉しいわ♪」とそんな気持ちになっているのではないでしょうか。

言葉の持つエネルギーは、自分が、思っている以上に相手に響きます。

こんな時だからこそ、素敵な言葉でお互いを大切にしあいたいですね。
私も頑張ります♪

笑顔は、多めに。
腰は、低めに。
人には、優しく。
自分に、厳しく。
いや、自分にも優しく♪💮
せ〜の〜!同じやるなら全力で!
OK!!
今日も感謝をこめて。

                          

ましのせつこ拝

次ページ:
前ページ:

カテゴリー

月間アーカイブ